スカルプ 美髪

【解説】フケの悩みに対するシャンプーでのアプローチ

フケにお悩みのみなさんへ

こんにちは。今回のテーマは「フケ」です。男性の肌トラブルの中でもフケは結構厄介で、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。僕も高校生くらいから20年近く悩み続けており、根本的には解決していません。

フケには特有の不潔感があります。しっかりお風呂に入って、朝のセットもばっちりなのにフケが肩に積もっているとすべてが台無しです。よくトイレに行ってはチェックして、一生懸命振り払っていたものです。

問題はその不潔感にとどまらず、フケが大量に発生すると、毛穴に詰まり髪の成長に悪影響が出る可能性もあります。つまりは薄毛につながる可能性もあるということです。そんなことは阻止したいですよね。頭皮マッサージや育毛剤の塗布などの方法もありますが今回はシャンプーに注目していきます。

乾燥性フケと脂漏性フケではアプローチが違う

本題に入る前に重要な事を整理しておきます。フケといっても人によってその量や状態は様々であり、大きく分けて乾燥性フケと脂漏性フケの2種類があります。要するにパラパラしたフケかベトベトしたフケかという違いです。

僕は完全に乾燥性のフケなので、それに対するアプローチを紹介したいと思います。脂漏性フケについて今回は触れませんが、頭皮の皮脂が多すぎることが原因です。

まずはフケの状態を観察しよう!

乾燥性フケへのシャンプーによるアプローチ

乾燥性フケの原因はその名の通り頭皮の乾燥にあります。頭皮の乾燥を引き起こす原因の一つに「自分にとっては洗浄力が強いシャンプーを使っている」ということがあります。

ココがポイント

自分にぴったりの洗浄力を見つけることが重要!

そこで、どのような洗浄成分が使用されているかチェックすることが重要になってきます。洗浄成分の中で「ベタイン」と名前がつくものが洗浄成分が弱めだと言われています。実際には全成分表示のところに「○○○○ベタイン」のように頭に他の名前がついています。今回紹介するスカルプDネクストだと「コカミドプロピルベタイン」であり結構メジャーな成分です。商品のキャッチコピーだけでなく、洗浄成分にも注目してみてください。

さて、改めまして今回紹介するのはアンファー株式会社さんのスカルプDネクストオーガニックです。このシリーズは「スカルプシャンプードライ(乾燥肌用)」と「スカルプシャンプーオイリー(脂性肌用)」と明確に分けられています。なるべく多くの人に合うように作られた商品よりは、乾燥肌に特化した商品が自分には良いのではないかと思ったのが購入のきっかけです。他メーカーさんの他商品も5種類ほど試しましたが、この商品を使っている時が一番フケが減った気がしています。季節や体調の問題もあるかもしれませんが、体験談としてはオススメしたい一品です。いろいろ試しているけれど、まだピンとくるものがないという方には一度試してみて欲しいです。

ココがおすすめ

乾燥肌と脂性肌で分けて作られた商品!

セットで販売されている「スカルプパックコンディショナー」もあり、毛髪に加えて頭皮にも塗布できる仕様になっているのでシャンプーと併用することでより効果が期待できます。

フケの悩みに対するシャンプーでのアプローチまとめ

フケの対策には即効性のあるものがないので、自分が頭皮をケアしているつもりでもなかなか効果が出ず諦めては気になりまたケアをしてまた諦めるを繰り返してしまいます。自分に合ったシャンプーを見つけるというのが、今回の課題でした。これもすぐに効果が出る方法ではありませんが、シャンプーは毎日使うと思うので、うまくいけば対策として効果の高いものになります。年齢とともに適したシャンプーも変わっていくので、探索が終わることはありませんが一緒にイケメンを目指していきましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

-スカルプ, 美髪
-, ,

Copyright © イケメンになりたい男のビューティブログ , All Rights Reserved.